Fit in Passport に登録することで、あなたにフィットした情報や、Fit in Passport 会員限定のお得な情報をお届けします。

ページトップへ

STORY

黒衣と皇帝

カール・ラガーフェルドが亡くなった。85歳だったそうだ。幼少期に故郷のドイツからパリへ移住した彼は16歳でIWS(国際羊毛事務局)主催のコンクールで優勝(コート部門)し、早くもその才能の片鱗を世界に認められる。翌年にはPIERRE BALMAINで働き始め、3年後にはJean Patouへ移籍。名だたるクチュールメゾンで経験を積んだ後、一時ファッション業界から離れるが、1967年にFendiのデザインコンサルタントとしてカムバックすると、その後Chloéのデザイナーを経て1983年にCHANELのデザイナーに就任。と、彼の経歴を見直して驚く。つまり、僕が5歳の頃には既にCHANELを率いていたし、モヒートの山下氏が生まれた頃にはFendiを手がけていたことになる。そして2019年2月19日に亡くなるまで70年近くもの間ファッション界の、しかも第一線で働き続けたという事実。サラリーマンの35年ローン2回分という想像を絶する長さだ。

2012年発行の写真集「The Little Black Jacket」はココ・シャネルが1954年にデザインしたアイコニックな黒いジャケットを世界中の著名人が着こなす姿をフォトグラファーとしてのカール・ラガーフェルドが撮りおろしたものだ。アナ・ウィンターなどファッション界の重鎮に混じって日本からも蒼井優、椎名林檎、菊地凛子などが参加している。


それぞれがキャラクターを生かして古典的なジャケットと一体化しているが、個人的なベストショットはティルダ・スウィントン。出版を記念して青山で開かれた写真展では本に収録されたものとは別のカットでティルダのシャープかつクールな横顔を拝ませてもらった。80歳を目前にしたカールがなおも追い求めた美。クラシック(ココ・シャネル)との対峙。業界に入って20年程度で井の中の蛙にならないためにも、この写真集はたまに見返して自らの甘さを思い知るための、美しい教材だ。心よりご冥福をお祈りいたします。

Satoshi Tsuruta

International Gallery BEAMS Staff鶴田 啓

熊本県出身。1978年生まれ。1996年、大学進学を機に上京するも、法学部政治学科という専攻にまったく興味を持てず、飲食店でアルバイトをしながら洋服を買い漁る日々を過ごす。20歳の時に某セレクトショップでアルバイトを始め、洋服屋になることを決意。2000年、大学卒業後にビームス入社。新宿・ビームスジャパンのデザイナーズブランドを中心に扱うメンズフロア(当時)に配属となる。2004年、原宿・インターナショナルギャラリー ビームスへ異動し現在に至る。アシスタントショップマネージャーとして店舗運営にまつわる全てのことに従事しながら、商品企画、バイイングの一部補佐、VMD、イベント企画、オフィシャルサイトのブログ執筆まで手がける。ワードローブのモットーは「ビスポークのスーツからボロボロのジーンズまで」。趣味は音楽・映画・美術鑑賞、旅行、落語、酒場放浪、料理、服。二児の父。