Fit in Passport に登録することで、あなたにフィットした情報や、Fit in Passport 会員限定のお得な情報をお届けします。

ページトップへ

STORY

『AUBERGE』内覧会直前解説・・・現代建築の父、ル・コルビジェがアトリエで愛用していたボロボロのレザージャケットとは?


このレザージャケットの存在を知るきっかけとなったのは、1988年に出版されたフランスを代表する写真家ロベール・ドアノーによる絶版写真集『 BONJJOUR MONSIEUR LE CORBUSIER 』を入手した時でした。コルビジェが自宅でくつろいだり、作業をする際にも、このボロボロに着古されたレザージャケットはあまりに印象的にドアノーのファインダーに収まっているのだ・・・。

近代建築の父は、身に付けるちょっとしたアイテムにまで気を使い、その個性的&ファニーなスノビズムにファンも多い。そんなコルビジェが自ら選んだこのジャケットは明らかに撮影用の衣装などではなく、普段から愛用している物のようだった。そしてデザインも秀逸。

ではディテールを細かく見て行こう。 まず、印象的なのはダブル合わせのボタン付け部分に約3センチ幅のテープが配置されている事。これはミリタリーの世界でもあまり例がない。上襟はメルトンで出来ておりフランス警察の現行コートにも見受けられる。素材は成牛革で通称ラッカーと呼ばれる表面だけに塗料を吹き付けた物。特に袖には腹部の革が使われている事がシワの具合から推測される。全体のシルエットは典型的なフレンチワークの型紙で、襟こしの少ないフラットな襟、肩線を後ろに逃がし、後ろネックの登りを高めに設定、前フリを強調した太めの袖・・・といったところか。そしてさらに調べを進めると驚くべき展開が待っていた。

このジャケット、なんとフランスが国家公務員の為に支給している作業着なのであった。特に着用者が多いのが E.D.F (ウーデーエフ/エレクトリシテ・ドゥ・フランス)いわゆるフランス電力の作業員達だ。ジャケット製造メーカーは南仏にある『 GVF graulhet 』社。このモデルのディテールの変遷はあるが、80年代までは支給されていたようだ。 ただ、コルビジェ着用モデルは革のコンディション、構造線から40〜50年代製と推測される。ウール製の上襟、ポケット口が水平の腰ポケットなど、他にはあまり見かけない仕様なのだっだ。 我々『 AUBERGE 』では、コルビジェモデルの成牛・ラッカーの質感をマウンテンゴート革で表現してみた。荒々しい表面感の大型のヤギ革だ。型紙は日本でフレンチワークを最も熟知する型紙職人と共にドアノーの写真を穴があく程なめ回し、ようやく完成に至りました。 そして待つ事1ヶ月、サンプルがおごそかにアトリエに到着。恐る恐る袖をとおしてみると・・・。まさにドアノーの写真そのままの完璧な仕上がり&フィッティングなのでした! デザイン界の巨匠が作業用に選び、くったっくたになるまで着古したフレンチレザージャケット。例えば、レスカ・ルネティエのメガネご愛用の皆様!(かつて Amvai上でも書かせていただきました、ボクも愛用のコルビジェメガネ) 日本一の革鞣しのプロとフレンチワークの型紙巨匠渾身の1着を、是非御試着ください。唸りますよー、きっと・・・。
Manabu Kobayashi

Slowgun & Co President小林 学

1966年湘南・鵠沼生まれ。県立鎌倉高校卒業後、文化服装学院アパレルデザイン科入学。3年間ファッションの基礎を学ぶ。88年、卒業と同時にフランスへ遊学。パリとニースで古着と骨董、最新モードの試着に明け暮れる。今思えばこの91年までの3年間の体験がその後の人生を決定づけた。気の向くままに自分を知る人もほぼいない環境の中で趣味の世界に没頭できた事は大きかった。帰国後、南仏カルカッソンヌに本社のあるデニム、カジュアルウェアメーカーの企画として5年間活動。ヨーロッパでは日本製デニムの評価が高く、このジャンルであれば世界と互角に戦える事を痛感した。そこでデザイナーの職を辞して岡山の最新鋭の設備を持つデニム工場に就職。そこで3年間リアルな物作りを学ぶ。ここで古着全般の造詣に工場目線がプラスされた。岡山時代の後半は営業となって幾多のブランドのデニム企画生産に携わった。中でも97年ジルサンダーからの依頼でデニムを作り高い評価を得た。そして98年、満を持して自己のブランド「Slowgun & Co(スロウガン) / http://slowgun.jp 」をスタート。代官山の6畳4畳半のアパートから始まった。懐かしくて新しいを基本コンセプトに映画、音楽等のサブカルチャーとファッションをミックスした着心地の良いカジュアルウェアを提案し続け、現在は恵比寿に事務所を兼ね備えた直営店White*Slowgunがある。趣味は旅と食と買い物。

REVIEW