Fit in Passport に登録することで、あなたにフィットした情報や、Fit in Passport 会員限定のお得な情報をお届けします。

ページトップへ

STORY

Maison Bonnet パリ・オーダーメガネの頂点。


パリ在住の友人が一時帰国中に AUBERGE の内覧会に立ち寄ってくれた。今回、AUBERGE の使用素材は全て日本製。それもあまりお目にかかれない特殊な技法によるテキスタイルなので、海外暮らしの彼も不思議なオーラを感じ取ってくれたようだった。そしてたくさんのご注文を頂きました。アリガトウゴザイマス!!アイテム説明の最中、ル・コルビジェ着用のレザーJKのところで彼からとても興味深い話を聞いた。

ちょうどボクがこのJKを作るきっかけとなった写真集「Bonjour Monsieur Le Corbusier」でル・コルビジェがかけている有名な黒縁メガネはパリ、パレロワイアル近くのフルオーダー専門メガネ店 Maison Bonnet のもので、友人もその日たまたまそこでしつらえたメガネをかけていた。ここの顧客としては、サンローラン、カールラガフェルド、等々メガネが印象的なパリを代表する錚々たるメンバーなのだ。友人はヴィンテージフレンチメガネにありがちな3点のヒンジの止め金具が正面に来るのを嫌い、蝶番の位置、要するにつるの折れる部分をを後ろへずらすというスペシャルオーダーをしていた。さすがはパリの頂点、サイズ合わせのオーダーに留まらないんですねー。ル・コルビジェもここでこだわりのオーダーをしていたらしく、メガネをおでこに乗せることが好きだった彼はその場合でも確実にホールドする様、つるの長さ、先セル部分のカーブ形状等こと細かにオーダーしていたそうだ。


しかしお値段もなかなかで、コルビジェ的な太フレーム・アセテート製の物でもフレームのみで20〜30万だそう。期間2〜3ヶ月でアポイント制、プレタモデル一切無し。パリ・メガネ登山の究極の頂点を目指すなら、とっておきの素材、本鼈甲もあるらしい。お値段も当然エベレスト級なり・・・。




Manabu Kobayashi

Slowgun & Co President小林 学

1966年湘南・鵠沼生まれ。県立鎌倉高校卒業後、文化服装学院アパレルデザイン科入学。3年間ファッションの基礎を学ぶ。88年、卒業と同時にフランスへ遊学。パリとニースで古着と骨董、最新モードの試着に明け暮れる。今思えばこの91年までの3年間の体験がその後の人生を決定づけた。気の向くままに自分を知る人もほぼいない環境の中で趣味の世界に没頭できた事は大きかった。帰国後、南仏カルカッソンヌに本社のあるデニム、カジュアルウェアメーカーの企画として5年間活動。ヨーロッパでは日本製デニムの評価が高く、このジャンルであれば世界と互角に戦える事を痛感した。そこでデザイナーの職を辞して岡山の最新鋭の設備を持つデニム工場に就職。そこで3年間リアルな物作りを学ぶ。ここで古着全般の造詣に工場目線がプラスされた。岡山時代の後半は営業となって幾多のブランドのデニム企画生産に携わった。中でも97年ジルサンダーからの依頼でデニムを作り高い評価を得た。そして98年、満を持して自己のブランド「Slowgun & Co(スロウガン) / http://slowgun.jp 」をスタート。代官山の6畳4畳半のアパートから始まった。懐かしくて新しいを基本コンセプトに映画、音楽等のサブカルチャーとファッションをミックスした着心地の良いカジュアルウェアを提案し続け、現在は恵比寿に事務所を兼ね備えた直営店White*Slowgunがある。趣味は旅と食と買い物。

REVIEW