Fit in Passport に登録することで、あなたにフィットした情報や、Fit in Passport 会員限定のお得な情報をお届けします。

ページトップへ

STORY

真冬のネクタイ

今年の冬は、寒い。
寒くなると、身に付けたくなるのがウールタイ。体感温度を左右するような防寒性は特にないんだけど、シルクタイにはない野趣溢れる素材感が心地よく、ツイードやフランネル、ニットなど秋冬素材の衣服が好きな僕にとっては冬のコーディネートを楽しくしてくれる必須アイテムになっている。勿論、ネクタイ自体が好きなのは言わずもがな。

衣装部屋から手持ちのウールタイをザッと集めたところ、こんな感じのバリエーション。Brooks Brothers、Hermès、R/L、Old England、Marcel Lassance…などなど、ウールやカシミアの発色を生かした柄物が多い。素材はウールサージからフランネル、ヘリンボーンツイードまで様々。他にもペイズリープリントのものや東北の手織りツイード、ブークレの黒無地などがあった気もするが、どこにいったかな…。ネクタイ置き場がぐちゃっとしていてよく分からない。

この日、身に着けたのはOld Englandのチェックタイ、カシミア100%・英国製。ホームスパンツイードのスーツやファーベストを合わせて冬らしい素材感を存分に楽しんだ。野良犬みたいなNAMACHEKOのファーがアクリル製だってところも、いい意味で嘘っぽくて気に入っている。

ウールタイは表情や発色が柔らかく、必ずしもジャケット着用でなくともカーディガンやブルゾンと合わせても楽しめる分だけ、普段使いにも向いていると思うのは僕だけだろうか。そもそも、普段からタイドアップする人なんて今時では極少数派だろうけど、好きなものは好きなんだから、人に迷惑をかけない範囲内で勝手に楽しみたいと思う。ただでさえ現代人の洋服は合理化の中で形のバリエーションが減り始めているわけなので、(スエード靴やツイードのように)素材感で差別化できるアイテムがクローゼットに少しでも入っていると、日々の装いに楽しみが増えるというものだ。「ビジネスではネクタイを付けなくなった」という人ほど、楽しめるような気がするウールタイ。クラシックなドレススタイルにこだわる必要すらないと思うので、スエードのGジャンやコーデュロイブルゾンのインナーに、なんならスウェットパーカ+B.Dシャツに?気軽なカジュアルアイテムでも全然平気。あくまでも「洋服好きな人」向けのオススメにはなるけれど、是非一度お試しあれ。

そうそう、2021年12月の半ばから東京・外苑前にあるセレクトショップ「MANHOLE」の中で働き始めました。ここの店内で撮影すると、上の写真のようにドラマチックな見え方になるのだけれど、僕の内容は相変わらずといったところなので、お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。

Satoshi Tsuruta

NEJI Organizer鶴田 啓

1978年生まれ。熊本県出身。10歳の頃に初めて買ったLevi'sをきっかけにしてファッションに興味を持ち始める。1996年、大学進学を機に上京するも、法学部政治学科という専攻に興味を持てず、アルバイトをしながら洋服を買い漁る日々を過ごす。20歳の時に某セレクトショップでアルバイトを始め、洋服屋になることを本格的に決意。2000年、大学卒業後にビームス入社。2004年、原宿・インターナショナルギャラリー ビームスへ異動。アシスタントショップマネージャーとして店舗運営にまつわる全てのことに従事しながら、商品企画、バイイングの一部補佐、VMD、イベント企画、オフィシャルサイトのブログ執筆などを16年間にわたり手がける。2021年、ビームス退社。東京・外苑前のセレクトショップMANHOLE内にある企画室「NEJI」(https://manhole-store.com/neji )の主宰としてバイイング/販売はもとより、執筆や商品企画、コピーライティングなど多岐にわたる活動を続けている。また、クラウドファンディングで展開するファッションプロジェクト「27」ではコンセプトブックのライティングを担当し、森山大道やサラ・ムーンら世界的アーティストの作品にテキストを加えている。