Fit in Passport に登録することで、あなたにフィットした情報や、Fit in Passport 会員限定のお得な情報をお届けします。

ページトップへ

STORY

妄想エスパドリーユ

ここ数年、夏になると人気のエスパドリーユ。何となく海沿いリゾートのイメージがあるのか、リネン素材の上着やドローコード付きのリラックスパンツなど開放的なアイテムと組み合わせる姿を街でも多く見かけます。スペインのバスク地方を発祥とするらしい、この麻底の靴。もとは湾岸労働者や農民が履いていた伝統的なアイテムなのでクラシックな衣服と好相性であるのは勿論ですが、最近ではHussein ChalayanやClassといったデザインコンシャスなブランドのコレクションルックでも足元を飾っています。僕が所有するエスパは二足。ひとつはアッパーにグリーンのアフリカンバティックを用いたもの。もうひとつはAnatomicaのものでクラシカルなレースアップタイプ。どちらも7~8年前に買ったものです。


レースアップタイプのエスパは足首に紐を巻き付けてみると、なんだかフェミニンな印象。バレエのトゥシューズを連想してしまいます。そういえばギリーシューズにも足首に紐を巻き付けるタイプがありますね。舞踏に何か関係があるのでしょうか?ともかく、四十路の足元をフェミニンに飾っても仕方がないので、せめて合わせる衣服は男っぽくすることにしています。

15年前に買ったFrank Lederのレザープルオーバーは豚革製です。男っぽさを演出するため、裾はショーツにイン。セシル・ビートンが撮ったゲイリー・クーパーみたいでしょ(笑)??小物はJames Lockのリネンキャスケット(黒)やCartierのTANKなど、できるだけエレガントなものをチョイス。


そういえば4~5年前のある日。このエスパに合わせたのはバルキーなケーブル編みのタートルネックセーター+ツイードのパンツ。ってオイオイ暑いだろ。いえ、逆です。寒いんです。1月だったので(笑)。真冬の素足に紐をくるくる巻き付けていたら、ちょうどその日ご来店された上司の長年の顧客、俳優のM・M氏にも「ソレ、家から履いてきたんですか??」と目を丸くされました。別に奇をてらっている訳ではないんです。ただ、思いついちゃったら実行せずにはいられない性格なんだと思います。ホントはサラッと履きたいんですけどね。妄想に取り憑かれているんでしょうね。

Satoshi Tsuruta

International Gallery BEAMS Staff鶴田 啓

熊本県出身。1978年生まれ。1996年、大学進学を機に上京するも、法学部政治学科という専攻にまったく興味を持てず、飲食店でアルバイトをしながら洋服を買い漁る日々を過ごす。20歳の時に某セレクトショップでアルバイトを始め、洋服屋になることを決意。2000年、大学卒業後にビームス入社。新宿・ビームスジャパンのデザイナーズブランドを中心に扱うメンズフロア(当時)に配属となる。2004年、原宿・インターナショナルギャラリー ビームスへ異動し現在に至る。アシスタントショップマネージャーとして店舗運営にまつわる全てのことに従事しながら、商品企画、バイイングの一部補佐、VMD、イベント企画、オフィシャルサイトのブログ執筆まで手がける。ワードローブのモットーは「ビスポークのスーツからボロボロのジーンズまで」。趣味は音楽・映画・美術鑑賞、旅行、落語、酒場放浪、料理、服。二児の父。

REVIEW