Fit in Passport に登録することで、あなたにフィットした情報や、Fit in Passport 会員限定のお得な情報をお届けします。

ページトップへ

ジーンズにあわせるアイテム今の時代、ジーンズに合わせたいのはこんなアクセ。(あくまで自己責任なカスタムのお話です。)

ジーンズに合わせたいアイテムって聞かれたら、ボクのイメージは1つです。この答えは80年代から90年代、バブルの荒波に乗りまくった服飾業界御同輩チームにはピンと来る響きだと思います。一言で表現するなら「HIGH & LOW」これに尽きます。ジーンズがあらゆる服種の中で最もヘビーでダーティーでデイリーでボロッボロでも気にならない LOW な物だと仮定したならば、合わせたいものはその対極にある崇高で美の権化のような HIGH なアイテム達です。この高貴な輝きからクラッシュデニムへの落差がグッとくるツボなんです。例えば、エルメスのバーキンとか、シャネルのツィードジャケット、ココ・シャネルのジャラジャラ・3連パールとクラッシュデニムを合わせる、とかね。そんなスノビズムの概念が生まれたのもバブル期なんです。もし、今の時期にエルメス縛りでデニムに合わせたい物を羅列するなら、6月のベルギーでの展覧会がスタートするマルジェラ期のエルメスアイテムを話題にするのがイヤラシーけどマストだし、ハードコア出身の自分としては、コリエ・ド・シアン  シリーズも外せません。美しさと強さとちょっと毒っ気が今の気分なんです。ストーリート・ラグジュアリーなんてカテゴリーも旬ですし。
そして、これから夏に向かう今でしたら、今回のお題に対してはオールシルバーのコリエ・ド・シアン ブレスレットと言いたいところです。だが、さすがにお代が片手超えは辛い。実はサイズもあるので、(XL寸の通常在庫は無いので)1年かけてパリ発注、パリ回収が義務となるようです。そこで、懐かしいところで昔買った角鋲風時計のメドールをこの度復活させました。今はまだ当時買ったままの純正中古状態ですが、このメドール、時計屋さん専用の精密マイナストライバー(幅広1ミリ厚)が必要ですが素敵なベルトに角鋲を移植出来るんです。なので今、狙っているのがパテックの純正ベビークロコのデットストックベルトへの移植なんですよねー。色はもちろんヴィンテージなコニャックブラウン、バックル寸も18×14と細めのベルトですので細かい“丸ふ”の物があれば最強でしょう。まぁ見つかるまではだいぶかかりそうですが・・・。
でもそんな素敵なカスタム・メドールをサラリと着けこなす大人の lady が現れたら、絶対お食事 & デートに誘います。その時のデニムはヘルムート・ラングのちょっとグレイッシュなアイスブリーチカラーのクラッシュがいいなー。でも、今の時代だったらそれがヴェトモンのカスタム501になるんだろーなー。メドール・パテックとの相性抜群だろうなー。狙うはちょっとストリート感のあるパンキーラグジュアリー・モードってことで。素敵だろーなー。絶対に恋に落ちるなー。あっ、分別のある大人の恋ね・・・。