Fit in Passport に登録することで、あなたにフィットした情報や、Fit in Passport 会員限定のお得な情報をお届けします。

ページトップへ

STORY

フイルム畑でくだ巻いて⑤

映画を観てもすぐに忘れてしまう僕は、気が向いたときに備忘録をつけている。その一部を、ここで勝手に紹介してみようと思う。()内は映画の製作年、〈〉内はレビューを記録した日付。年代もジャンルもバラバラ、乱れた文体の書きなぐりだが、深夜に酔っ払って書いてる可能性もあるので悪しからず。また、映画評論のレベルには一切達していないので、あくまでも洋服屋の戯れ言としてお読み頂ければ幸いである。

是枝裕和『真実』(2019)
朝から日比谷で観賞。ドヌーブの迫真に圧倒されるシーンから、なんてことないシーンまで、全編通して5~6回に分けて泣いた。なんで今日はこんなに涙が出るんだろう?ってくらい泣いた。それにしても、「うわぁ、ココ良いシーンだなぁ」と浸りながら、もう少しこの場面を観ていたいとこちらが期待する長さの5~10秒前にバッサリと次のシーンに移ってしまう是枝監督の、ベタベタしすぎない編集感覚はもはや老獪。最後もいつも通り、高い位置からのアングルで俯瞰に戻って終わっていく。娘ちゃんがいる母親さんならずとも、抱きしめたくなる愛を感じる映画だった。
#ラスト近くのシーンで70代のドヌーブが17歳の乙女みたいな表情を見せる凄み #女優が演技しているところを演じるってどんな難しさなんだろう #是枝裕和 #真実 #10時半の回でけっこう混んでる #昨夜BSでドキュメンタリーやってたからか 〈2019.10.28〉

ルイス・ブニュエル『哀しみのトリスターナ』(1970)
カトリーヌ・ドヌーブ。「シェルブールの雨傘」「ロシュフォールの恋人たち」「反撥」「昼顔」「幸せはパリで」「ダンサー イン ザ ダーク」「8人の女たち」「終電車」「暗くなるまでこの恋を」あと、何だっけ…。とにかく、彼女の出演作はそこそこ観てきたけど、今夜観た「哀しみのトリスターナ」。前半と後半でドヌーブの顔が全く違う。三つ編みベレーの少女性とツイードに身を包んだ悪魔性。当時27歳だったドヌーブが10代から30代まで、運命に翻弄されながら豹変していく女性を哀しみ/憎悪たっぷりに演じ分けている。鬼才ルイス・ブニュエルの狂気じみた演出。ファッション性の高さも必見。チェックのベストツーピースにレザーグローブとか、男性から見ても素敵すぎる。是枝監督の次回作、ドヌーブ主演だってね。3時過ぎた、もう寝ます。〈2018.8.12〉

なんとなくカトリーヌ・ドヌーブ特集になってしまった第5回。イヴ・サンローランのミューズであったドヌーブは(10年前くらいに池袋の文芸座で観た)『昼顔』(1967)でサンローランがデザインした黒のビニール製トレンチコートやサファリ調ルックを見事に、クールに着こなしている。『真実』でも、レオパード柄のコートとミュールを会わせ技で履いて相変わらずのファッションアイコン振り。会社の先輩(女性)は「ドヌーブを見ると安心する!あんな風に歳をとればいいんだ、って思えるから」と言っていた。おじさんにとってのアイコンは今、誰だろうか?


Satoshi Tsuruta

International Gallery BEAMS Staff鶴田 啓

熊本県出身。1978年生まれ。1996年、大学進学を機に上京するも、法学部政治学科という専攻にまったく興味を持てず、飲食店でアルバイトをしながら洋服を買い漁る日々を過ごす。20歳の時に某セレクトショップでアルバイトを始め、洋服屋になることを決意。2000年、大学卒業後にビームス入社。新宿・ビームスジャパンのデザイナーズブランドを中心に扱うメンズフロア(当時)に配属となる。2004年、原宿・インターナショナルギャラリー ビームスへ異動し現在に至る。アシスタントショップマネージャーとして店舗運営にまつわる全てのことに従事しながら、商品企画、バイイングの一部補佐、VMD、イベント企画、オフィシャルサイトのブログ執筆まで手がける。ワードローブのモットーは「ビスポークのスーツからボロボロのジーンズまで」。趣味は音楽・映画・美術鑑賞、旅行、落語、酒場放浪、料理、服。二児の父。