Fit in Passport に登録することで、あなたにフィットした情報や、Fit in Passport 会員限定のお得な情報をお届けします。

ページトップへ

俺が想うデニムサブタレニアン・ホームシック・ブルーデニム

遡ること数ヵ月。ある冬の朝、グズグズと駄々をコネる息子の登園準備に奮闘していたその時、事件は起こった。玄関で13kgの2歳児を抱きかかえようと力を入れた瞬間、穿いていたオイルド素材のパンツ(10年モノ)が「バリ」と音をたてて割けたのだ。ヒップから股にかけてのステッチがトンで、真っ二つ。もう靴まで履いていたし着替えてる時間はないし、とりあえず膝丈のコートでヒップは隠れていたので、股をスースーさせながら子供達を連れて登園した。なに食わぬ顔で「じゃ、今日もよろしくお願いシマース!」と子供達を保育士の先生(若い女性)に預ける時もコートの内側で股がスースーしていた。つり革に掴まり電車に揺られながら原宿に向かう間、ずっと家に帰りたかった。引き返したかった。イヤイヤ出勤。コートを脱ぐ。さすがに股をスースーさせた店員が「いらっしゃいませ」とか言いながら近寄ってきたら、即通報されてしまうので、店で売っているパンツを開店前に買うことにした。細身で股上が浅いオイルドパンツを破いてしまった反動か、本能的に手に取ったのは股上がたっぷり深く、Marithé+François Girbaud的なぶかぶかバギーシルエットのデニムパンツ。イタリアの新鋭ファッションブランド・SUNNEI(スンネイ)のもので、ブルーデニムを裏返した素材使いだが、ヨコ糸に撚杢を使っているので独特のまだらな表情。丈がずいぶん長かったので、裾を10cmくらい折り返してその日はしのいだ。急場をしのぐだけ、のつもりが「幅広ロールアップしたバギーデニム」は意外と新鮮に思え、数ヵ月後の今も裾上げしないでそのまま穿いている。ウエストはゴムなので、夏はTシャツをタックインしてレザーサンダルでも履こうかな?転んでもただでは起きぬ。転がる石のようさ。って、バカな。全然チガウし。Look out, Kid!

REVIEW